低価格電動コーヒーミルの中で1番使い勝手が良い!

電動のラッセルホブス コーヒーミル 家電レビュー
バックに写っている観葉植物はコーヒーの木です。

ラッセルホブス コーヒーミル 電動 7660JP

2020年6月11日

プロも使う電動ミルは高いので、条件が5000円以下、キッチンに出していてもインテリアになる品質とデザイン、清掃などのメンテナンス性、粉剤能力と音、一般家庭で満足できるもがあるのか実際に比べてみた結果のレビューです。

5000円以下のクラスの場合、プラスティック感がある商品が多い中、このラッセルホブス コーヒーミル 電動 7660JPは実際にキッチンにおいてもステンレス感がとてもよく、品質、デザイン共によくインテリアとして出しっぱなしがOKなレベルです。

清掃やメンテナンス性ですが、カバーの部分も中の粉砕するコップ部分も簡単に外れ、掃除はしやすいです。しかしカバー側の内側上部がハケでも掃除しにくい点はマイナスポイントです。我が家では使うたびにカバー部分とコップ部分を軽く水で流して付近で拭き取っています。今のところ壊れることもなく、正直専用のハケで拭き取ることは難しく、コーヒー豆の油が残ってしまうので、上記の通り使うたびに軽く水洗い+すぐに拭き取るをしていれば清掃が不満に思うことはありません。
安い価格帯の電動ミルは粉砕するコップ部分が外せなく、水洗いがしづらいものが多い中、この電動ミルは断然使いやすいです。

あとは実際にコーヒー豆を砕く性能ですが、量が少ないと豆が中心部分だけうまく粉砕できないことがあります。我が家では3杯分を毎回粉砕するので、そこまで粉砕ムラになることはありません。この辺りは低価格帯の限界なのかもしれません。ただし少量でも何度がボタンを繰り返せば実用レベルには粉砕してくれます。

音に関しては個人的には小さい方だと思います。今まで汎用的な粉砕機を使っていたときに比べれば許容範囲です。マンションの夜中は厳しいかもしれませんが、粉砕時間も10秒以下なので苦情が来るレベルではないと思います。

2000円〜5000円クラスの電動ミルの中ではトータルバランスとデザイン、使いやすさの満足度は一番良いです。お店で大半を試しましたが、こちらの商品にしておけば後悔はありません。

本年はコーヒー専門店で使われているような電動ミルが欲しいところですが、さすがに桁が違う価格なので家庭では当分この電動ミルを使おうと思っています。

2020年10月4日

便利に毎日利用しています。ただ、わかっていても気になる点は、取り外せるカップ部分は簡単に洗えるので問題ありませんが、蓋部分は同様に取り外せますが、洗っても奥の溝の部分が専用のブラシを使わないと中々取れません(←写真参照)。個人的には専用ブラシを使っても取りずらいです。

毎日使っているからこそ、さっと洗って拭き取れば楽に綺麗になるので、この溝の部分が無ければ良かったと、メーカーさんに改良を期待したいところです(強度のためかもしれませんが)。

また本体側も写真の通り、構造上どうしてもカスが残ってしまいます。ただ、こちらに関して湿ったぐらいの布巾で拭けば簡単に取れるので問題はありません。

上記のように蓋部分の溝を無くし、できればモーター音をもう少し遮音できればもっと人気商品になると思います。

もちろん豆の粉砕がもっと均等にできれば最高ですが、この商品がこれ以上高くなってしまったら価格バランスが崩れてしまうので、メーカーさんが価格維持したまま改良するなら、蓋の強度を維持するため肉厚にして溝をなくし、肉厚にしたことで遮音効果も出ると思うので期待したいです。

家電レビュー
道楽王子のTwitterをフォローする

「火遊びレビューは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

火遊びレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました