iPhone 11 Pro Maxでの使用感

Apple製品関連

2019年9月29日

DJI Osmo Mobile 3 → 新型発売 DJI OM 4 スマートフォンジンバル

元々iPhone XS Maxで使用する為に購入して、サイズや重量的にも十分ジンバルとしての動きは問題ありませんでした。

そしてiPhone 11 Pro Maxが発売されXS Maxよりも更に重たくなり耐えられるのか、テストしました。
結論から言いますと、元々のスペック範囲ではあるので、まったく問題無くジンバルとして使えます。そして結構重要な点でiPhone11 Pro Maxから採用された超広角カメラがジンバル使用時に映ってしまわないかですが、これも問題なくiPhoneをつかんでいる所も映りませんでした。

正直、iPhone 11 Pro Maxのカタログ上の超広角レンズは35mm換算で13mmということで厳しいはずだったのですが、予想外に問題がありませんでした。逆にiPhone 11 Pro Maxのスペックの方が怪しい感じがしてしまいましたが、逆に心配していたことが無いのは結果オーライということで、満足しています。後で分かったことですが、どうもiPhoneの超広角カメラはかなり歪み補正をしているようで、そのお陰かもしれません。

またDJI Osmo Mobile 3で撮影する良さは専用アプリの様々な撮影モードに価値があります。ジンバル自体の性能は価格十分でそれはそれで役に立ちますが、専用アプリのストーリーモード、カメラワーク、エフェクトが超簡単に気軽に使え、それなのにできた動画はプロが作ったと思うぐらいの作品に仕上がります。

おそらくこのDJI Osmo Mobile 3はコンパクト性、機能性、そして価格的にも一定の完成形まで仕上がっています。悩んでいた方も買うタイミングです。ぜひ専用アプリのストーリーモードを始め気軽に機能を使ってみてください。持っているスマホのカメラが生まれ変わったように変化し、普通には絶対作れなかった様な作品を生み出せます。

追加で、2000円程の違いで専用ケースやスタンドが付いているコンボモデルを絶対推奨します。専用ケースもスタンドも間違いなくある方が便利です。後でも追加で買えますが当然セットの方が安いので

2020年9月14日

購入してから約1年、結局のところ動画をとる事がほとんどなく、売却しました。商品が悪かったわけではなく、ただ単に動画を撮影しないタイプだったという事です。ちなみに最近DJI Osmo Mobile 4が出て、磁石で取り付けが可能なタイプが発売されたようですが、磁石の便利さがイマイチなようであまり話題になっていないようです。普通にDJI Osmo Mobile 3の完成度が高かったので4はマイナーチェンジで少し価格が下がったというのが現実のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました